ほんの少し

0

    少し前のケースですが、Drからの指摘で大いに勉強になったケースです。

    試適時 

    マーク部とくに遠心。少し歯肉にかぶっている様に見えます。

    張りすぎマーク付近

    反対側のように歯頚部付近を角ばらせたいと思い、若干腫らしたのが大間違い。上からおして(かぶって?)いるように見えます。

    セット時

    セット時。歯肉からスーと立ち上がっているように見えませんかね?全体の形態は、少し違和感もありますが、将来的には、この方が正解でしょう。

    Drは、歯肉の健康が第一重要事項で、技工士は、携帯だとか色だとかが第一になりやすいですよねぇ。そこらへんが大いに勉強になったケースです。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:79 最後に更新した日:2016/10/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM