先日の続きですが

0
    ジルコニア  e
    左が先日試適してもらったジルコニアCr。右がe・MAX 。ジルコニアは、先日Drより注意があった付近を極微量ですが、グレイズ時に一緒に追加焼成をしました。試適時と歯肉の状態を比べると、確かに少し張りが出たように口腔内では見えました。本当に微妙な差なんですけど、違うんですね。
    右のは、支台歯の歯頚部付近がかなり変色していたので、e・MAXでどの位影響が有るのか実験させてもらいました。Cr自体のマージン付近の色調は、ジルコニアの方を濃く仕上げたのですが、少しe・MAXの方が濃く見えますよね。やっぱり部分的にオペークライナーですかね。それと、右の方は、歯肉の事は余り気にせずに仕上げてしまいました。左右を比べてみると歯肉の感じが全然違いますよね。
    いろんな意味で大いに勉強になったケースでした。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:79 最後に更新した日:2016/10/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM