いいかんじ?

0


    ジルコニアCrです。陶材はe・MAXセラムです。「先端1/3付近透明感を強めに」という指示がありました。築盛スペースが少なかったのでフレームの先端」1/4に「インテンシブジルライナー(ライナーの特殊色)のインサイザル」を築盛。カットバックをやや多めにし、トランスを築盛する面積を歯頸部方向に少し広めにしました。ここで一度焼成してジルライナーの色が反映しているか確認します。今回はちょうどいい感じ(見た目にはちょっとうすいかな?って位)だったので内部ステインはしていません。
    グレーズ時に1番の遠心コンタクト付近の透明感が少し足りなかったので表面ステインで近心とバランスを取りましたの。
    「ラーナーの色付け、内部ステイン、表面ステインの3回色の調整が出来るので、1回で済まそうとせず、3回のトータルで目標の色を出すように」と思っています。(枝川智之さんが講演で仰ってました。受け売りです。)

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:79 最後に更新した日:2016/10/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM